旅の名前 台湾はいつもの格安ツアー
都道府県 中華民国
目 的 観光
百 選 -
日 程 2014.2.13-18
2/13
 今年は隣組の組長なので、あまり遠くに出掛けられない、なにかあったら対処しなくてはいけないからだ。 でもって、車旅は信州をメインに考えている。 外国旅行も行けそうにないので、3月までの間で近回りにしようと台湾を選んだ。 中華系は食べ物の失敗がないので安心していける。 今回も阪急交通だが、ここはHISのように「安かろう・・・・」ではないのである程度安心していける。

 エバー航空という台湾の航空会社。

 行の機内食はこれまでの最高クラス\(⌒0⌒) 、帰りはちょっとちょっとでしたρ(-ε- )

 台北の空港で荷物待ち

 蓮霧(れんぶ)というのは買ってみたが、林檎の軽い感じでした。

 台中へ向かう途中の休憩で。 国際電話も掛けられそうでした

 早速の中華料理、客家料理というのいだそうな、見た目より油濃くなかった。 
2/14
 湖のある観光地日月潭へ向かうところ

  途中でお土産物屋さんへ(格安ツアーにお土産もの屋さんはつきものですハイ)

 豚の置物はこのあといろいろなところで見たですね。

 焼き物もあちこちにありました。

 日月潭は水面が見えないほどの霧でしたなρ(-ε- )

 湖畔にある文武廟というところ

 昼食は鶏肉飯がメインの食堂。 うまかったです、ウナギまで出てきたが、台湾はウナギの養殖を随分しているようです。

高雄市にある蓮池潭

 孫の潤矢がよくやるポーズを真似てみた(#^_^#)

 わけのわからない果物がたくさん売っていました
2/15
 昼食の田舎料理は少しだけ確かに田舎っぽかった。 カレーが出てきましたからね

 お祭りのようでした

 原住民の踊り

 八仙洞という観光地

 北回帰線の塔

 オプションのアミ族民族舞踏の鑑賞。 

 そこで売っていた実にきれいなアクセサリー
2/16
 太魯閣(たろこ)峡谷は素晴らしい景観で、規模もダイナミックでした、ちょっとびっくりしましたね。

 バラの花茶

 花蓮から台北までは電車で移動

 台北の忠烈祠という戦没者の慰霊施設。

 護衛兵の交代を見ましたが、約30分もかかりました。 門に立つ衛兵は約1時間、瞬き一つしないそうな。

 約1時間かけて出掛けた九フン。 「千と千尋の神隠し」のロケハンをしたところで夕食。

 非常にきつい階段で、まるで熱海の感じ。 その途中に横に数百メートルの商店街。 

 時間が少なくゆっくりはできなかった。
2/17
 世界の5大博物館の一つ故宮博物院。 中にカメラは持ち込み禁止。 中世の作り物は目を見張るものがありましたね。

 最後の昼食は飲茶
inserted by FC2 system